ももかん工具店公式ブログ

生コン打設方法とバイブレーターの役割とは?

0

    こんにちは!ももかん工具店 店長の飯田です。

     

    今日は、「生コン打設方法」と「生コンの打設時のバイブレーターの役割」を御説明しようと思います。

     

    まず「生コンの打設方法」です。

     

    「コンクリート」とは、「セメント」「砂」「砂利」「水」を混ぜたものを指します。

    ちなみに「セメント」「砂」「水」を混ぜたものが「モルタル」と言われるものです。

     

    手順1 「型枠を製作する」

        生コンを入れる容器になる「型枠」を作成します。

     

    手順2 「生コンを注入する」

        型枠の中に生コンを流し入れます。

     

    手順3 「バイブレーターをかける」

        生コンの中にバイブレーターを入れ、振動をかけます。

     

    手順4 「必要であれば、表面をコテで均(なら)す」

     

    手順5 「固まるまで置いておく」

        冬場等寒い時期や凍りそうな時は「ジェットヒーター」等で暖めながら固めます。

     

    手順6 「型枠を外す」

     

    手順7 「出来た気泡等をモルタルで埋める」 

        見た目重視の場合は行います。

     

          ↓

             

        「完成!」

     

    では、この「手順3」にある「バイブレーターをかける」という作業、なぜバイブレーターをかける必要があるのでしょうか?

     

    それは、バイブレーターをかけることにより、振動がかかり、生コンの中にある空気が抜けやすくなるからです。

     

    皆さんはケーキを焼いたことがありますか?

    ケーキ生地を混ぜ、ケーキ型に生地を入れた後、型を持ち上げて「トントン」と何度が底を台に当てて空気を抜きますよね?

    この作業を行わないと、気泡だらけのスポンジ生地が焼けてしまいます。

    生コンの打設でバイブレーターをかけることも同じです。気泡だらけになると見た目も悪いですし、強度も落ちます。

     

    またバイブレーターをかけるときに気をつけなければならないのが「バイブレーターによる振動のかけすぎ」です。

    振動が多くかかった方がより空気が抜けやすく思いますが、実際は振動がかかりすぎる為に生コンが「セメント」「砂利」「砂」「水」に分離しやすくなるので、気をつける必要があります。

    バイブレーターを振動させると、振動部を中心に、バイブレーターの太さ(直径)の約10倍の範囲に振動が伝わります。

     

    また、コンクリートの硬さ(スランプ)により、バイブレーターのかける時間は変わってきますので、その点への配慮も必要です。

     

     

     

    「生コン打設作業」に必ずと言っていいいほど使用するのが、「バイブレーター」ですが、用途に合わせて様々な形状のものがあります。

    「生コンの中にバイブレーター直接入れて振動をかけるタイプ」

        

    軽便バイブレーター

     高周波バイブレーター

     

     

     型枠完成後の様子 この後生コンを入れます。

     生コンを型枠に入れ、バイブレーターで振動をかけます。

     

     

    「型枠の外側からバイブレーターを当てて振動をかけるタイプ」

     

      外震バイブレーター

      型枠の外側から外震バイブレーターをかけます。

     

    またテトラポットの製作や大きな擁壁(ようへき)の見た目を美しく仕上げる為に、生コンの中に直接入れて、型枠と生コンの間(表面側)に振動をかけるバイブレーターもあります。

     

     

     

     

     

     

    ぜひ用途に合わせて使い分けて使用してみてください!

     

    生コン用バイブレーターの御購入はこちら

     

    バイブレーターの使用に必要な発電機の御購入はこちら

     

    ショップにも遊びに来てくださいね! → ももかん工具店公式HP

     

     

     

     

     

     


    臨時休業のお知らせ

    0

      いつも ももかん工具店を御愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

       

      研修会の為、下記の日程を臨時休業とさせていただきます。

       

      臨時休業  5/24(金)〜5/26(日)   

       

      上記期間の御注文は承りますが、出荷手配及びメーカーへの発注、お問い合わせへの対応は、
      5/27(月)以降とにさせていただきます。

       

      お客様にはご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、

      何卒御了承いただきたくお願い申し上げます。

       

      ももかん工具店 店長 飯田良子

       

       


      ダイヤモンドブレードの構造とは?

      0

        こんにちは!ももかん工具店 店長の飯田です。

         

        今日はエンジンカッターや電動カッター(パートナー)の使用には欠かせない

        「ダイヤモンドブレード(刃)の構造について」ご説明しようと思います。

         

        ダイヤモンドブレードは「基盤」とい鉄製の板で出来た本体になるものと

        「チップ」という実際に切断する刃の部分に分かれています。

         

        「チップ」は、工業用ダイヤモンド(粒状)と亜鉛等その他配合物(粉末状)を均等に混ぜ、

        金型に入れて成型し、高炉で焼入れを行うことで出来上がります。

         

        出来上がったチップを基盤にくっつけ、

        最後に「ドレッシング」というチップを砥石で磨く作業を行い、

        チップの中に埋もれているダイヤモンドの粒を表面に出す作業を行い、

        ダイヤモンドブレードが完成します。

         

        この「チップ」をどのような技術で「基盤」に着けているのかということがブレードの切れ味や耐久性につながります。

        現在主なメーカーが採用している方法は「レーザー溶着」です。

        「レーザー溶着」とは、レーザーを照射してチップを基盤に溶着させる技術です。

        以前は、「ロウ付け」という方法でチップが取り付けられている製品もありましたが、

        「ロウ付け」より「レーザー溶着」の方がチップの欠けや飛びが少なく、「レーザー溶着」を採用しているメーカーが主流です。

         

        また「ドレッシング」もメーカーや国産、海外で違いが出てきます。

        ドレッシングの際に、砥石の粒度(目)が粗いものを使用した場合、チップに埋まっているダイヤの目が表面に出やすくなります。

        見た目には、ダイヤがたくさん入っているように見えますし、より切れ味が良さそうに見えますが、

        実際は、最初からダイヤの目が多く出ていると、コンクリート等を切断し始めた時にチップのダイヤが飛びやすくなります。

        最初からゴツゴツとダイヤが出ていると抵抗が多く飛びやすいんですね。

         

        それに比べ、砥石の粒度が細かいものを使用した場合は、最初あまりダイヤがチップの表面に出ておりませんが、

        切断することでチップの中のダイヤが磨かれるので、ダイヤが飛びにくくなります。

        国産メーカーは、砥石の粒度が細かいものを使用していることが多いです。

         

        今度は「ダイヤモンドブレードのチップの形状」について注目してみましょう!

         

        一般的なチップの形状はこのような形です。

         

        粒が見えますが、これがダイヤモンドの粒です。これが切断することで磨かれ表面に出てきます。

         

        しかし、最近このような形状のチップがあります。

         

        チップに段差が出来ているのがわかります。

         

        なぜこのような形状になっているのでしょうか。

         

        ダイヤモンドブレードで切断する作業は、実際はカッターで紙を切るような「切断」ではなく、

        細かくコンクリートを「砕く」作業になります。

        コンクリートを切っているように見えて、実は砕いているんですね!

         

        この際に、コンクリートを砕いた粉が出て、チップとコンクリートの間に溜まります。

        この粉が溜まりすぎると摩擦熱で、チップの中のダイヤモンドが焼けてしまうんです!

        焼けると切れ味が愕然と落ちます。

        この「摩擦熱で焼ける」という現象を抑えるために、上記写真のようにチップに段差がある形状をしています。

        チップ部を切断面と内側に溶着することで、

        内側のダイヤがチップとコンクリートの間の切り粉を排せつし、摩擦熱を防ぎます。

         

        お分かりいただけましたか?

        私も勉強しているうちに、全ての形状は理由があって作られているんだなとびっくりしました。

        商品の色々な特徴を把握すると道具にも愛着が沸きますよね!

        ちょっとした知識として心に留めていただけるとうれしいです。

         

        ダイヤモンドブレード(刃)の購入はこちら→ https://www.momocan.shop/?mode=grp&gid=1689611&sort=n

         

        エンジンカッター等切断作業に必要な道具は → https://www.momocan.shop/?mode=cate&cbid=2347192&csid=0&sort=n

         

        ももかん工具店にもあそびに来てください!

        ももかん工具店公式HP → https://www.momocan.shop/

         

         

         

         


        ゴールデンウィークのお休みについて

        0

          こんにちは!いつも「ももかん工具店」をご愛顧いただき誠にありがとうございます!

           

          「ももかん工具店」店長の飯田です。

           

          弊社のゴールデンウィークのお休みは下記の通りとなります。

           

           ゴールデンウィーク休み 5/1-5/6 の6日間

           

          但し、4/28-4/30間に御注文いただいた商品の発送は、

             当日発送可能商品 5/7発送

             その他商品    5/7以降手配後の発送 となります。

           

          みなさまに御迷惑と御不便をおかけ致しますが、何卒御了承いただきますようお願い申し上げます。

           

          今後とも「ももかん工具店」をよろしくお願いいたします。

           

          ももかん工具店 公式HPはこちら → https://www.momocan.shop/


          コアドリル用ダイヤモンドコアビットのお取扱を始めました!

          0

            こんにちは!ももかん工具店 店長 飯田です。

             

            いつも、ももかん工具店をご愛用いただきありがとうございます。

             

            4月よりコアドリルの必需品「ディスコ製 乾式 ダイヤモンドコアビット」のお取扱を始めました!

             

             

            こちらの商品は弊社関連会社でもレンタル用刃として使用しておりますが、

            耐久性・切れ味共に純正品と違いはありません。

            52Ф・65Ф・75Ф・90Ф・110Ф M27ネジ 全長250个亡悗靴泙靴討

            【平日AM中ご注文で当日発送可能】です。

             

            サイズ違いなどHPに記載が無い物はメールにてお問い合わせください。

            お値段と納期を確認次第御連絡させていただきます。

             

            お問い合わせはこちらへ → https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01389938

             

            これからも良い商品をお客様のお手元に届けられるよう努力してまいりたいと思っております。

            これからも、ももかん工具店をよろしくお願いいたします。

             

            コアビットのご購入はこちらへ → https://www.momocan.shop/?mode=grp&gid=1784684&sort=n

             

            ももかん工具店公式HP → https://www.momocan.shop/

             


            長期間使わない時に必要なエンジン式機械(工具)のメンテナンス方法 【ガソリンエンジン】【混合エンジン】

            0

              こんにちは! ももかん工具店 店長の 飯田です。

               

              今回は小型エンジンが載っている機械を「長期間使わない時に、倉庫へしまう前行ってほしいメンテナンス方法」について

              ご説明したいと思います。

               

              発電機など小型エンジン式機械を、長期間使わないで倉庫などへ置いておいて、いざ使おうと思ったらエンジンがかからない!

              なんてことありますよね?御経験がある方も多いかと思います。

               

              主に夏場にだけ使用する草刈機やチェンソーなど混合エンジンの機械、

              キャンプに行くときしか使用しないガソリンエンジンの発電機など、

              エンジン式の機械は電源が無くても使用できる分、メンテナンスに気を配ってあげる必要があります。

               

               

               

              でもメンテナンスと言ってもそんなに難しいことではありません。

               

              ガソリンや混合燃料は、意外にも実はとても腐りやすいものです。

              「長期間使用しない機械を動かそうとしたらエンジンがかからない」という原因の大半が、この「燃料が腐ってしまっている」という点にあります。

              腐った燃料が、燃料タンクの出口からキャブレターへ行く間やキャブレターの中で詰まってしまうからです。

               

              ですから、ガソリン式エンジンや混合式エンジンの機械を長期間使用しない場合は、

              必ず燃料を抜いてあげましょう!

               

              具体的な手順としては、

              ★燃料タンクについている燃料ホースを外し、燃料を抜く。

              ★燃料タンク内をエアーで吹き(エアブロー)、タンク内のゴミを取り除く。

               (タンク内はエアーですぐ乾くので、燃料ホース取付け口などから細かいゴミが飛び出てきます)

              ★キャブレター内の燃料も無くなるまで、要はガス欠してエンジンが止まるまでエンジンを掛けておく。

               

              以上3点を行っていただけると、長期間使用しなくてもエンジンがかかりやすくなりますよ!

               

              また、携行缶等容器から燃料を入れる場合にぜひ注意していただきたいことがあります。

              燃料の容器の底に砂やゴミ等や水が少しずつ溜まっていることが多々あります。

              このゴミや水が機械の燃料タンクに入ると、燃料タンクのサビやキャブレターへのゴミ詰まりが起こりエンジンが掛からなくなります。

              容器の定期的な清掃が一番ですが、面倒ですよね…

              そんな時は、容器の燃料全てを機械のタンクに入れず上澄みを入れるようにすると底に溜まっているゴミや水が入りにくくなります。

              すごく単純な方法ですが結構有効です!

              ただ最初に記載したとおり、ガソリンや混合燃料はとても腐りやすいものです。

              腐ってしまった燃料をうっかり入れてしまわないように燃料の管理にも気をつけましょう!

              今はホームセンターなどで混合燃料が1L缶に入って販売していることも多いので、混合式エンジンの場合は都度そちらを購入するのもいいですね!

               

              せっかく手に入れた機械です。ちょっとしたメンテナンスで長持ちしますので、ぜひやってみてください!

               

               

               

              お店にも遊びに来て下さいね!

              ももかん工具店公式HP https://www.momocan.shop/

               

               

               

               


              サンキョウトレーディング 吊り具のお取扱を始めました!

              0

                こんにちは!ももかん工具店 店長 飯田です。

                 

                いつも、ももかん工具店をご愛用いただきありがとうございます。

                 

                2月より吊り具で有名な「サンキョウトレーディング」の製品のお取扱を始めました!

                 

                歩車道ブロックやU字溝など重いコンクリート製品での作業をラクにしてしまう必需品!

                商品も順次増やしていく予定です。

                ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

                 

                またマシンバイスの挟着部のパッドなど消耗部品もお取扱いたします。

                ※取り寄せになる為、少々お時間を頂戴する場合がございます。

                 

                部品などHPに記載が無い物はメールにてお問い合わせください。

                お値段と納期を確認次第御連絡させていただきます。

                 

                お問い合わせはこちらへ → https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01389938

                 

                今後とも、ももかん工具店をよろしくお願いいたします。

                 

                ももかん工具店 https://www.momocan.shop/?mode=cate&cbid=2352817&csid=0&sort=n


                年末年始 お休みのご案内

                0

                  いつも ももかん工具店 を御愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

                   

                  年末年始のお休みは、

                  2018.12.30 − 2019.1.6 までとさせていただきます。

                   

                  お休み中に承りました御注文に際しましては、2019.1.7以降順次発送準備が出来次第、発送及び御連絡させていただきます。

                   

                  今年一年、皆さまの御愛顧を賜りまして本当にありがとうございました。

                  来年から更なる商品やコンテンツの充実を図り、お客様に喜んでいただけるお店を目指し、頑張っていきたいと思います。

                  来年もどうぞよろしくおねがいいたします。

                   

                  皆さま どうぞよいお年をお迎え下さい。

                   

                  ももかん工具店 店長 飯田良子


                  代引き決済ができるようになりました!

                  0

                    いつも「ももかん工具店」をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

                     

                    この度、今までお取り扱いしておりました「銀行振込」「クレジット決済」の決済方法に加え、

                    日本郵便と西濃運輸による「代引き決済」もお受けできるようになりました!

                     

                    決済手数料400円 代金引換額100,000円未満

                    決済手数料700円 代金引換額200,000円未満

                    決済手数料800円 代金引換額300,000円未満 となっております。

                     

                    利用限度額は、代金引換額300,000円までとなります。

                     

                     

                     

                    お客様にますます便利にご利用いただけるよう今後も取り組んでいきたいと思いますので、

                    よろしくお願いいたします。


                    インバータ発電機と一般的な発電機の違いは?

                    0

                      こんにちは!ももかん工具店 店長の飯田です。

                       

                      今日は「インバータ発電機」と「一般的な発電機」の違いについて御紹介しようと思います。

                       

                      この違いには電力の波形が大きく関係してきます。

                       

                       

                      電力には波形というものが存在します。これは周波数や電圧等の変動にも影響されますが、

                      電力波形が正弦波に近い、高品質な電機を供給できる発電機を「インバータ発電機」といいます。

                      正弦波とは、正弦曲線で表される波形。つまり、曲線に歪みが無く滑らかな波形をいいます。

                      一般家庭に供給される電力会社からの電力波形は正弦波です。

                      このインバータ発電機であれば、一般的なパソコンや充電式電動工具等マイコン内蔵の電気機器の使用に適しています。

                      但し例外もありますので、使用前に使用したい製品の製造メーカーへ確認することをお勧めいたします。

                       

                       

                      それに対して、一般的な発電機というのは、よくお祭りの屋台の脇においてあるアレです。

                      インバータ搭載では無いので発電時の波形の歪みが大きくなります。

                       

                       

                      上記の図を見ていただくと少しわかりやすいでしょうか?右側のインバータ発電機が作り出す波形は綺麗な正弦波ですね。

                      発電機なので、もちろん多少の波形歪みは出てきますが、インバータ搭載の発電機であれば歪み率も低く、

                      電気機器の使用に問題はありません。

                      対して、左側の一般的な発電機が作り出す波形はギザギザとしてて歪みが大きくみられます。

                      こちらの発電機でパソコンや充電式電動工具、エアコン等、マイコン内蔵の電気機器を動かす電力して使用すると、

                      使用した電気機器が壊れてしまいますので、絶対に使用しないでくださいね!

                       

                      では、一般的な発電機がインバータ発電機と比べて全くダメなのかというと、そうではありません。

                      長所もあります。

                      それは「壊れにくい」「安価」ということです。

                      インバータ発電機と比べ、構造が単純なので修理金額が高額になる故障は起きにくくなっています。

                      また販売金額もぐっと安くなります。

                       

                      私の経験でお話ししますと、発電に関しては、一般的な発電機は「12年以上元気に動いている」に比べ、

                      インバータ発電機は「6-7年位で発電機のインバータのコントローラーが壊れてしまうことが多い」という印象が強いです。

                      もちろん機種や使用頻度や使用した電気機器でも差があるので一概には言えません。

                      また一般的な発電機は多少の過電流でも問題なく動くことが多いですが、

                      インバータ発電機においては、過電流状態での電気機器の使用はインバータのコントローラー等の破損につながります。

                      一般的な発電機に比べ少し繊細な構造なんですね。

                       

                       

                      いずれにせよ、エンジンが吹かない、かからないなどゴミや燃料タンクのサビ等からくるエンジンのキャブレターの不具合や

                      プラグの消耗などは

                      使用頻度や期間に係わらずどちらの発電機でも起こりますので、メンテナンスは不可欠です。

                       

                      また発電機は延長コード等の使用で電気機器までの距離が長くなればなるほど電圧が下がり、

                      電気機器が使用できなかったり故障につながりますので、出来るだけ発電機から直接電源を取って使用しましょう!

                       

                      今のインバータ発電機は、音が静かな静音型や防音型が多く、重量も軽いものが多いです。

                       

                      現場の使用用途に合わせて、最適な発電機を使いこなして下さいね!

                       

                      ※インバータ発電機は一般的なPCや充電工具の充電などに使用できますが、

                       使用に対する保証はありません。使用する場合は、使用したい製品の製造メーカーに確認をしてから使用することをお勧めします。

                       

                       

                       

                      インバータ発電機の御購入はこちら

                       

                      お店にもぜひ遊びに来てください!  ももかん工具店公式HP → http://www.momocan.shop/

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/2PAGES | >>


                      Copyright (C) 2017 MOMOCANKOGUTEN All Rights Reserved.